見た目に気をつける

人それぞれ好きなファッションやアイテムがあるものです。それに、好きなカラーもあるでしょうし、好みのデザインや柄などもあるかと思います。プライベートであれば、もちろん自由にお洒落を楽しんだり反対にリラックスできる洋服で過ごしても良いでしょう。しかし、家庭教師としてよそのお宅に足を運ぶ時は、それではいけません。相手のお子さんや親御さんに良いイメージを持って頂けるように、ある程度の努力は必要です。

男女共に、だらしない服装や清潔感のない雰囲気は絶対にNGです。ヘアスタイルもきちんとしたいもの。男性であれば、ヒゲソリなどももちろん必要です。また、洋服類もきちんと。シワやホコリのないものであること、あまりにもラフすぎるものは避けること、靴下などもあまり古ぼけているようなものは履かないようにしましょう。また、ニオイのエチケットにも気を付けたいところ。授業の前にタバコやニンニク料理などは避けるようにしましょう。

女性のベテラン家庭教師も、注意が必要です。派手な洋服やメイクがNGであることはもちろん、あまり女性であることをアピールするようなファッションも控えた方が無難です。男性と同様に、ニオイのエチケットも必要。香水類はお休みすることをお勧めします。